All posts in メールマーケティング

池田のメルマガに無料でメルマガを出してみませんか?

池田です。

昨今のインターネットビジネスの業界でも、メルマガは非常に有効な宣伝手段です。

原価も無く、短時間で一度に大量に情報を多くの人に伝達できますし、かかる労力も非常に少なくてすみます。

いわゆる情報起業家の方で、このメルマガをビジネスとして取り入れていない方はいません。

私もストライクメールというメルマガスタンドを運営していますし、ビジネスとしてメルマガも取り入れています。

池田の場合でも、メルマガ経由の収益だけで年間数千万円という単位で売上が発生しています。

この数字は決して珍しい数字ではありません。

メリットをあげればキリがないこのメルマガですが、参入する敷居は高いのが現状です。

 

まず第一に、運営コストの問題。

通常メルマガを配信する際にメルマガ配信スタンドを契約する必要があります。

価格はピンきりですが、安くて月額数千円、高いものだと10万円以上するものもあります。

池田が運営するストライクメールでも読者数に応じて様々な料金プランを用意しています。

一定の到達率を確保したいのであれば、1万円以上のプランを契約するべきです。

そうすると年間で10万円以上の負担ですから、何の勝算もない段階で取り組むには少し抵抗がありますよね。

 

もう一つが、顧客獲得の問題。

10年前、情報起業の一次ブームだったころは、ちょっとしたビジネスレポートや特典を用意しておけば、待っているだけで数百人〜数千人の読者(リスト)は割と簡単に集まりました。

1000人の読者は1000万円以上の資産に繋がります。

数ページのPDFファイルを特典にするだけで幾らでもリストが集まり、無限にお金が稼げる時代だったのです。

しかしこれは、先行者だけのボーナス期間でした。

同じことをやっても集客できる人数は1/100位まで落ち込んでいます。

それなりの人数(最低1000人)の読者を集めようとするなら、誰も知らない有用で有効なノウハウをまとめた情報を提供した上で、さらに相当する広告費をかけて宣伝するか、何らかの対価を支払う必要があります。

ちなみに、今は広告費をかけてお金を注ぎ込んで集客するのに適した時期だと考えていますが、それはまた次の機会にお話します。

いずれにしても、当時に比べれば、何らかの工夫、努力、発想を用いないと読者が集まらない時代になってしまいました。

 

上記の理由から、メルマガビジネスは初心者の方が気軽に参加できるビジネスでは無くなってしまいました。

どんなに文才に恵まれ、有用な情報を持っている方でも、それを伝える読者が集まらないのですから、ビジネスとして成功できるのは、本当に狭き門をくぐり抜けてたどり着いた、ごく一部の方だけです。

 

10人の読者を集めるだけで一苦労ですから、ビジネスとしてのメリットやメルマガで情報を伝えることの喜び、達成感を感じる前に脱落してしまう方がほとんどです。

しかし、それをくぐり抜ければ、メルマガという舞台は魅力にあふれています。

 

ですから、まずあなたに、メルマガのメリットだけ、いい点だけを実感してもらうために、池田から1つ提案です。

私のメルマガで、あなたがメールマガジンを一通配信してみませんか?

内容は問いません。

自己紹介でもいいですし、アフィリエイトという形で有用だと思われる商品を宣伝してもらっても構いません。

もし自分で販売している商品があるならそれをメルマガで告知して販売してもらってもOKです。

お金も頂きません、無料です。

 

条件としては、

そのメルマガを読んだ人が価値として受け入れてくれるものであるものとします。

落書きや単なる誹謗中傷も、メルマガで配信する内容としては不適切です。

 

また、発言に責任を持ってもらうという意味で、匿名での情報発信は今回は受け付けません。

本名ではなくても構いませんが、メール本文に発信者の署名(ペンネーム・ビジネスネームOK)と、

読者の方が、どの方の情報なのか判断できるように、facebookのアカウントURL(facebookページ可)を記載して頂きます。

 

繰り返しになりますが、内容はなんでも構いません。

アフィリエイトリンクを掲載して、アフィリエイト収入を得てもいいし、自分のブログを宣伝してブログ読者を増やしてもいいし、自社商品を販売してもOKです。

以下から是非ともご応募下さい。

応募にあたっての注意

今回は試験的な企画となりますので、ご応募頂けるのはディグリード参加者もしくは池田のメルマガ購読者のみとさせて頂きます。

お申込時に、メールアドレス・名前を入力する欄がございます。
ディグリード参加時のメールアドレス、もしくはメルマガ購読に使用しているメールアドレスをご明記下さい。

通常30万円の号外費用を頂く内容ですので、身近なメンバー、日頃池田の情報を目にしている方を優先したいという思いがありますので、ご理解頂ければと思います。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

メルマガの慣らし運転

先日から、某有名起業家の方にディグリードを実践してもらっています。

既に今月の収益が500万円を超えたという報告も頂きました。
感謝の声ももらうことができ、私としても非常に光栄です。

実は、米国では様々な層から絶賛されたものの、直接私が指導して、実際に取り組んでもらった方は、いわゆるネットビジネス初心者の方ばかりでした。

初心者の方が結果を出せれば、上級者の方は絶対に上手くいくという考えがあったので、初心者の人を優先したというのが理由ではあります。

ですので、既に成功している方が、ディグリードを実践し、納得してくれるのかどうかというのがずっと心残りでした。

今回、母国でもある日本で、最高の結果を出すことができ、最後の不安要素も完全に無くなりました。

現在事前募集ということで、特に初心者の方を前提にプロジェクトを進めていますが、2017年を目処に上級者向けにまた違った展開もやりたいなと思っている所です。

まだ先の話ですが、今後の私の活動に期待していて下さい。

 

メールが届かない

実は先日、その起業家の方から、

「どんなに評判がいいメルマガ配信スタンドを契約しても、すぐにメールが届かなくなる。」

という相談がありました。

ネットビジネスで活躍されている方は、大抵メルマガを発行しています。
原価のない、メールアドレス(リスト)は効率的に利益を上げることができる最高の財産です。

リスト数が何十万件にもなっている起業家も珍しくありません。

そんな起業家の方々が、声を揃えて言うのが、「メールが届かない」という言葉です。

 

メルマガの慣らし運転とは?

このブログを読んでくれている方のほとんどが、ネットビジネスに興味がある、もしくはネットビジネスをこれから始めるという方だと思います。

中には、メルマガをこれから始めるつもりだという人もいるでしょう。

最初のうちはあまり気にしなくても構いませんが、リスト数が3000件を超えた位から気をつけたほうがいいことがあります。

それが、メルマガの慣らし運転です。

どんなに最高級のメルマガ配信スタンドを契約しても、契約初日に何十万件もメールを配信したら、その日からいきなり「スパムメール配信者」として、GmailやYahooメールを始めとする大手メールサービス(メールプロバイダ)から「スパム判定」を受けます。

一般的に、メルマガ配信スタンドには個別のIPアドレスが割り当てられており、メールプロバイダはそのIPアドレスからどれだけのメールが配信されているかを常に自動的にチェックしています。

これは機械的な処理で、メールの内容やリストの取得方法に関係なく、一定量を超えると確実にスパムメールとして判定されるようになっています。

この数値は、特定のリサーチ会社の調査に基づき、世界的に一定の数字が定められていて、Googleを始めとする大手企業が全てこの数値を基準にスパム判定を行っています。

 

2016年の時点で、初日に1万通のメールを送るとスパムとして判定するという基準が設けられています。

初日と書いたのは、翌日はもっと多く送っても大丈夫だからです。

具体的には、翌日は初日の1割多く送っても平気です。
その翌日はさらに1割多く送っても平気です。

例えば、初日に1万件のメールを配信したら、翌日は11000件、その翌日は12100件送ってもスパム判定を受けることはありません。
(もちろん、配信内容がNGならそれはまた別の話です。)

メルマガの配信数は毎日1割ずつ増やしていくというわけですね。
これが慣らし運転です。

海外ではIPアドレスのウォームアップ(warm-up)と言ったりします。

この数値の基準は、一般的な会員サイトなどでの会員の増加数がせいぜい1日あたり10%の増加量だという判断のもとに定められています。

本当に会員サイトの増加数が10%ずつであるかの根拠は不明ですが、少なくともメール配信に関しては、1日10%ずつ配信量を増やしていかないと、スパム扱いされるのは現在の事実です。

これを知らずに、不用意に新規メルマガスタンドなどを契約して乗り換えたりすると、契約初日からいきなり全部のメールがスパム判定を受けてしまいます。

よくある失敗談が、
新規にメルマガビジネスを始めようと思った方が、
最初は格安のメルマガスタンドを契約して、地道な努力を重ねて、
長年掛けてリストを1万件に増やし、

軌道に乗った所で、
性能の良いメルマガスタンドに乗り換えたタイミングで、

その日からメールが一気に届かなくなるというケースです。

一度スパム判定を受ければ、世界的にスパマー(迷惑メール配信者)として判断されることになり、復帰はとても難しいです。
メルマガスタンド運営者としては、恥ずかしい話ですが、私にも過去に経験があります。

リストも増え、スタンドもいいものに乗り換えて、「さあ、これからだ!」というタイミングで一気にスパム扱いですから、目も当てられません。

 

1万件が判断基準なら、まだ自分は大丈夫と思っている方は要注意です。

例えば、リスト数が5000件だったとしても、朝と夜にメールを送ればもう1万件ですし、1日3回送れば完全にアウトです。

よくあるミスが、ステップメールや自動返信メールなど、自分が意識しない分のメール配信数です。

万が一のために、普段自分が配信している数を3割増し位で計算しておくのがコツです。

せっかくのリストという資産をムダにしないためにも、リスト数が3000件を超えたらこの記事の内容を思い出して下さい。

参考までに、10万通のメールを1日に送りたい場合は、
初日に1万件、翌日から毎日1割ずつ配信量を増やしたとして、25日掛かります。

30万通の場合は36日、1ヶ月以上も掛かります。

 

最近のウェブマーケティングでは、初動の段階から広告などを目一杯使い、露出を最大限に増やし、一気に集客する手法が多く採用されています。

マーケティング初日で1万件以上のリストが集まることも珍しくはありません。

せっかく大規模集客に成功しても、メールが全てスパム判定されると大打撃ですよね。

大規模なマーケティングの場合は、慣らし運転期間も考慮して計画的に展開しないと痛い目を見ることになります。

 

メルマガという舞台で活動するには、集客やコンテンツ(内容)も大事ですが、仕組みを正確に把握しておくのも重要な要素です。

10万件以上のリストを持っている方を業界では「リストホルダー」なんて呼んだりしますが、リストホルダーの方は、特に気をつけて下さい。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

迷惑メールとして判定されないメルマガの文章

メルマガを書く上で、読者への訴求力のあるメッセージを書くというのも大事ですが、迷惑メール判定されない文章構成にするというのも同じくらい重要です。 いくら魅力的な文章を書いても、文字通りそれが相手に届かなければ意味がありません。

Read more