私がこの業界に参入した頃、世界はmicrosoft・Googleの2大企業が世界を支配していました。

この2社無しに、ビジネスなんて考えられない時代でしたね。

ちょうどネットビジネスの黎明期の時代ですから
私と同じ時期にビジネスを始めたなんて人も多いのではないでしょうか?

Windowsを使ってパソコン作業、Google検索で情報収集を毎日していました。

パソコン無しにネットビジネスは不可能ですし、分からない点は全てGoogleで解決できました。

当時からアフィリエイトを始め、ツール販売やウェブサイトの運営なども行っていましたが、顧客・ユーザーの9割以上がWindowユーザーで、アクセスの大半がGoogle検索からの流入です。

完全にmicrosoft・Googleの2強時代でした。

サービスの提供者側もサービスの利用者側もこの2大企業に支配されている時代です。

当時業界でSEOの手法が大ブームでした。
何名かSEO手法の販売会社を知っていますが、今ではほとんど事業自体を廃止しています。

原因は、大半がGoogleの検索アルゴリズムの見直しです。

今まで効果的だった手法が突然使えなくなり、廃止に追い込まれてしまったわけですね。

それまで好調な売上を出していた企業も、Googleの気分次第で簡単に潰されてしまうのです。

逆に言えば、Googleの動きを正確に掴んでさえいれば、生き残れた時代であるともいえます。

更に言うと、Googleの動きを素早く的確に察知できれば、簡単に稼げた時代です。

大きな動き、しかも世界的な動きですから、その動きに付いて行ければ大きなメリットがあるわけですね。

 

冒頭で紹介している動画は、今年の1月にScott Galloway氏がDLD国際カンファレンスで発表したプレゼンテーションです。
Gang of four(四人のギャング)と少し過激なタイトルですが、素晴らしい内容です。

 

動画の中でも触れていますが、英語なので内容をフォローしておくと、現在世界を動かしているのはGoogle、Apple、Facebook、Amazonの4大企業です。

microsoft社の名前は、ここでは挙げられていません。

もちろん、世界的な企業で、今でも影響力を持つ企業であるのは間違いありませんが、4大企業には入らないわけですね。

microsoftの力の衰退というのもあるのでしょうが、それ以上に他企業が力を付けたというのが理由でしょう。

 

Googleは検索の他にも、AndroidによるSmart Phone事業展開やアプリ・音楽サービスなど様々なジャンルで結果を出していますし、Appleも独自のブランド戦略でiOS、Mac Bookなど加速度的に急成長しました。

Appleの失敗作とも言われるApple Watchですら、Smart Watch市場では既にシェアNo1です。

apple-failuresmartwatch

注目するべきは、FacebookとAmazonです。

これらの企業はただのウェブサービス1つで世界的な力を付けました。

言ってみればただのSNSとショッピングサイトです。
今時珍しくもなんともないサービスですが、他との違いは単純に規模が超巨大ということだけです。

インターネットの普及で、ビジネスの土台が変化したということが影響していますね。

これらの変化は、ネットビジネスの有り様にも影響を与えました。

今、ネットビジネスで重要なのは、Googleではなく新たな勢力であるAmazonとFacebookの動向です。

Amazonが力をつけたことで、新たに勢力を伸ばしたのが転売ビジネスです。
それまでは古物商市場で細かなビジネスをするしかありませんでしたが、今では誰でもネットで文字通り世界中に物を売ることができます。

今、ネットビジネス業界の販売者の中でも力が強いところは大抵転売ノウハウをサービスとして提供しています。

 

ちなみに、私は転売(Amazon)には力を入れていません。
理由としては、タイ在住なので仕入れや発送が地理的な問題で難しいという事もありますが、一番の理由はそれ以上にFacebookに注目しているからです。

Facebookは単なるSNSではありません。
もはや全世界の人々とつながっている巨大なネットワークです。

特にこの5年間で急速に力をつけ、全世界のモバイル広告市場の17%をFacebookが占めています。
Googleと合わせるとたった2社で全世界の51%のシェアという驚きの数値です。

adratio

実は、タイはFacebook大国で、ほとんど全員がFacebookをやっています。
発展途上国の特徴でもあるのですが、パソコンが全然普及していないのにスマホはほぼ全人口をカバーしています。
3年以内に普及率が100%になるとも言われています。(日本はせいぜい68%程)

その全員がFacebookをやっているのです。
タイでの連絡手段はFacebookのメッセージが中心です。

その環境が少なからず影響しているのかもしれませんが、私が今一番注目しているのがFacebookです。

気軽に押せるいいねボタン(Likeボタン)でユーザーの反応がすぐに分かりますし、高確率で身元が確かな人に情報を伝達できます。

シェアボタンを使ったバズマーケティングも標準の機能(しかも無料)だけで可能です。

低予算で、適切な属性に広告配信もできます。

機能だけ挙げても、歴史上ここまで充実したサービスは存在しません。

その超高機能なプラットフォームだけではなく、全世界の人がFacebookで繋がっているのです。

史上初の1兆ドル企業になるのはFacebookとも言われています。
あのmicrosoftですら成し得なかった偉業を、Facebookが達成するのです。

私は10年以上前、サイトアフィリエイトで「何でこんなに簡単に稼げるのに誰もやらないのだろう」と疑問に思っていました。

今、また同じ感覚です。

SEO・PPC・サイトアフィリエイトなど、様々なビジネスが乱立していますが、私に言わせてもらえば全て時代遅れです。
控えめに言ったとしても、ピークは絶対に過ぎています。
今から参入して間に合うはずがありません。

お金を稼ぎたければ、今は完全にFacebookです。

 

かつて、世界をmicrosoft社が独占支配していると言える時代がありました。

特に日本では1990年代後半までは少なくとも、その影響力は他社を寄せ付けないすさまじい力を持っていたと言えます。

私自身、永久にこのままマイクロソフトが単独で世界を牛耳り続けるのだと当時は思っていました。

しかし今、世界のを支配しているのはmicrosoft社ではなく、Google、Amazon、Apple、そしてFacebookです。

 

古い固定観念に囚われず、最先端を追い求めましょう。

 

参考 YouTube:Gang of four

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

池田 秀樹
プーケット在住の億万長者パーマネントトラベラー。
池田 秀樹
池田 秀樹
池田 秀樹

Latest posts by 池田 秀樹 (see all)